ニキビは皮膚病!?

実はニキビは、皮膚病の一種にあたります。
そうであっても、わざわざニキビを治療してもらうためにお医者さんに診てもらうのは何だかやりすぎではと、行こうかどうか迷ってしまう方が殆どだと思います。
けれども、ニキビを専門とする医師に診てもらう事で他の誰でもない自分にあった処置をしてくれる為、どうしても治療が難しいニキビの跡にも効果を期待出来ます。
そして最も嬉しい点は、わざわざ手間とお金をかけて薬屋に行き高いお金を払ってニキビ薬を購入するよりも、安価な値段で適切な治療を受けられるのです。
誰もが試した事のあるニキビを潰す方法は良いのでしょうか。
にきびには実は、潰してしまっても大丈夫なものとつぶしてしまうと逆に肌を傷つけてしまうニキビがあります。
潰してしまっても跡が残らないニキビというのは、ニキビ特有の炎症が落ち着いて腫れがひき、膿がたまり白くなって少し脹らんでいるものです。
ここまで来れば炎症もだいぶおさまっていて、溜まってしまった膿を何とか肌から出そうとしているので、清潔な状態にしてある専用の器具や針を使うのであれば、潰してしまってもそれほど問題ではありません。
ニキビが酷すぎてストレスで耐えられないからと、洗えば綺麗になるかもしれないと思っても、本当は適度に無ければならない油分まで落としてしまい、よりニキビが出来やすい環境を作ってしまうこともあります。
それが分っていても、どうしても辞められない方は水ではなくぬるま湯での洗顔なら一日二回までOKですよね(*^^*)大事なのは洗顔料を使ってしっかり泡を立てた状態で洗うこと、傷口に直接手が触れるのを防ぎながら洗いましょう。
草花木果どくだみの洗顔石鹸もおすすめです。
どんなことがあっても、優しく泡だけで洗顔すること、洗い終わったら乳液などで保湿してあげましょう。
近頃、女性の代表的なニキビの原因のひとつとして女性ホルモンのバランスが乱れていることが関与しています。
女性ホルモンのバランスは、ストレスを受けるとすぐに乱れがちと発表されています。
また、特に生理前の時期は女性ホルモンが激しく乱れます。
生理直前にニキビを気にされる女性が多いのもこの女性ホルモンの乱れの仕業なのですよね(*^^*)
草花木果竹洗顔