キャッシング審査は融資限度額を決めるもの

キャッシングの申込をすると当然審査があります。
しかしキャッシングの審査は、落とすものではなく基本的に融資限度額を決めるものです。
審査の結果融資限度額がゼロという事になれば審査に落ちたと言われることになりますが、多重債務者の状態になっていない限りそのようなことはありません。
しかし、キャッシングの審査は融資限度額を決めると言う意味で非常に重要です。
キャッシングがいつでもできるカードローンの契約利率は、融資限度額は反比例しています。
融資限度額が高ければ使い勝手がよくなるだけではなく、利率が低くて有利な借入ができるのです。
キャッシングは審査が命だと言われることがありますが、審査は融資限度額というキャッシングの一番大切な部分を決める手続なのです。